【グレーディング解説】福井県、越前海岸をドローン「MAVIC AIR 2」で飛行
スポンサーリンク

恒例のグレーディング解説!

ロケーションも相まって、とても美しい映像が撮れました!

同じくドローン空撮のグレーディング解説です。
スポンサーリンク

使用機材

今回も、DJIの最新機であるMAVIC AIR 2で福井の空を映します。

13万円ほどとそこそこ値は張り、航空法の影響も受ける為小回りはMAVIC MINIに劣りますが、MINIでは撮れない4K映像が魅力です。

個人の動画クリエイターがドローンを買うならこれ一択です!

逆に、特に4Kにこだわりがなかったり、SNS用の記念撮影的な使い方しかしないなら、200g以下のMAVIC miniをおすすめします。

タイムライン

いたってシンプルですね。笑

スポンサーリンク

カラー

ノード構成

ノード1「コントラスト」

カラーホイールで、飛び気味だったハイライトを落とします。

すると同時にコントラストが低くなるので、シャドウも落としてコントラストを保ちます。

「映像/画像の中で、一番明るい部分と暗い部分」の差。要は「映像のメリハリ」で、高ければ高いほど「どぎつい」イメージとなります。

「コントラスト」 by 【基礎知識編】シネマスタイルのグレーディングを解説します
(https://note.com/mafuyu0318/n/n96cff1d730f3)

ノード3

有名な海外製のフリーLUT「M31」を適用してみました。リンクはこちら。

ノード2は別のLUTを試した跡です。今回はM31を選択しました。

M31はクールな色味が特徴のLUTですので、カラーオフセットを暖色にずらし、全体のバランスを整えました。

ノード3

彩度を100にまで上げ、色味を強く出しました。

今回は風景ですから、もっと強くしてもいいのかな~とも思いましたが……。

越前海岸の「寒々しさ」と夕景の彩りとが両立しているのはどこかを探りながら設定しました。

最終的な映像

スポンサーリンク
動画撮影、グレーディングと音楽MIXサービス

オリジナル楽曲のサウンドメイクとカラーグレーディング

当ブログを運営する「TrashmasterStudios.com」は、

サウンドとビジュアル制作をマルチに手掛ける制作スタジオです。

Avid ProToolsとUniversal-Audio UAD-2、Softube Console 1を核としたデジタル環境と、

RupertNeveDesignes SHELFORD CHANNEL、Avantone CV-12をはじめとしたアナログ機器を保有。

制作実績の一例

https://mus1clab.com/mix-movie-201102

料金の一例

ボーカル楽器Mix - 1トラック 楽曲Mix -複数トラックMix 映像カラコレ - グレーディング
5,000円~ 10,000円~ 10,000円~
既存のカラオケ音源とボーカルトラックや楽器トラックをMix。宅録やスマホ等で簡易にレコーディングされた音源にも対応可能。 バンドの音源制作など。CD用やコンペ用など目標に合わせたMix処理を行う。マスタリングにも対応。 色味を整え、深みを加える。テレビCMやプロモーションビデオ、映画の様な仕上がりに。

おすすめの記事