『陽の沈む場所』福井の海をドローンとα7Rで撮る【4k映像制作】

また飛ばしてきました。

ロケーションは、越廼海水浴場の北にある「軍艦岩」付近。

映像を見ていただければわかる通り、絶好の夕焼けスポットです!

よって、観光客が他にもいる場合も多いので、ルールを守って飛ばしましょう。

第三者との間隔は「30m以上」ですよ!

使用機材

空撮にはMAVIC AIR 2。

レンズはf2.8固定なので、太陽が直接入るショットではND16を入れています。バッテリーも一つ当たり25分といったところ。屋外撮影で使用するならND付きのFly Moreコンボがお勧めです。

地上ショットでは、α7RⅢと2470GMをメインに、タイトなショットにはZEISSの80-200/f4ズームを使っています。

このレンズ、安価なのに流石のZEISS。シネマライクな写りでいいですね~。

f4という開放値のおかげで、クローズアップにしてもボケ過ぎずに状況が分かるので重宝してます。

所々でスローを使ってみました。スローは、ここぞというときに使うととても印象深い映像にできますが、あまり多用するとウエディングのエンドロールみたいになるので注意。笑

XAVC 4Kの30p(100Mbps)、S-Log2とS.Gammat-Cineで収録。

一般的なSDカードでは書き込みが追い付かずに止まってしまうので、ワンランク上のSDXCを使っています。

PCへのデータコピー速度も速いので、仕事でクライアントにデータだけ渡す際にも重宝。

Transcend製なら、同スペックでもやや安価です。

グレーディング

いつも通り、DaVinci Resolveでグレーディング。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です