スポンサーリンク

1960年代後半から1970年代初頭にかけて生産された、

  • 100WのJim Marshall Products、JMP1959"SuperLead"
  • 50Wの1987"Lead"

を始めとする「オールド」と呼ばれるMarshallアンプは、部品をハンダで直接接続するPoint To Point配線とシンプルな回路構成によるダイナミックレンジ(強弱の再現性)と音圧感で、あらゆるアンプの中でも1.2を争う高い評価を得ています。

この年代のMarshallは、同じ型式のモデルでも生産された年次によって回路や部品を更新したために音に違いがあり、中でも操作パネルがそれまでのアクリル板(通称プレキシ)から鉄板(通称メタルパネル)に仕様変更された70年〜73年頃までのモデルは、よく歪んで抜けが良いサウンドとして特に人気があります。


さて、今回ご紹介するペダル「BlackBerry JAM Cacao」はそんなメタルパネルのMarshall1987 JMP50Wを再現したペダル。
自作ですが1987を実際に使っている私から見ても、凄まじい完成度のペダルです。

スポンサーリンク

実機と比べてどうか?


さて、私は1971年式の回路を積んだJMP50W/1987を自作してメインアンプにしています。


そもそも出力50Wの1987でも内部は400V近い電圧で駆動しますから、9V程度の電源から得られるダイナミックレンジとは比べられない部分もありますが、それでもレスポンスや歪み具合、サウンドの雰囲気、代用として相当に満足が行くレベルにまで達しています。

ボリュームを落とした際のクリーン~クランチレスポンスは実機より劣りますが、それでも通常のセッションやリハーサル程度なら普通にこれ一台で完結できますから必要十分といえるでしょう。

また、オールドMarshallアンプに付きまとう問題として、

「マスターボリュームが存在せず、歪ませる=壊滅的な爆音になる(近所での立場的な意味で)」

という点も見逃せません。

ギターアンプは結局のところ、ギターの音量を限界まで増幅して大きくした際の「音割れ」を「歪」として知覚しているだけですから、歪ませることはすなわち爆音を出すことです。現代のアンプには、「Gain」と「Volume」の様に、歪を創る回路の後にもう一つボリュームがついていますが、オールドアンプには「Volume」しかついていません。

私の1987の場合自作品ですから「PPIMV」と呼ばれる比較的音質変化の少ないマスターボリュームを後付けしてあり、自宅でもある程度なら鳴らすことが可能ですが、音量的に使う場面がないという方も多いと思います。

また、オールドを改造したくないという需要、オールドが欲しいけれどなかなか見つからない、といった場合もあるでしょう。

そんな時にCacaoがあると、手軽に1987サウンドを得られますよ。

探しても他にないサウンド

兄弟機に当たるMarshallの1959 100W、通称"SuperLead"と呼ばれるアンプを再現したペダルはXotic Sl Drive、J.Rocket Animal、Carl Martin PlexiDrive、XTS Atomic drive、LovePedal Purple Plexi等いろいろと存在していますが、特にこの年式の1987の音を出せるペダルはおそらく世界でただ一台ではないでしょうか?私は見たことがありません。

コントロール

上段左から   

「Volume」
「Gain」
「Presence」
「Treble」
「Bass」

実際のMarshall 1987のトーンを狙うコツとしては、GAINは12時ほどまでに抑え、TREBLEとPRESENCEをかなり上げ目にすること。アンプ/キャビによってはこれらは最大でも良いです。

こうすることで、この年代のMarshallアンプらしい「ギャリ~ン!」という暴れが出てきます。

回路的に見ても他のMarshallライクペダルと似た点は有りつつも、1987ならではの

唸るようなローミッドと荒々しくジュワ~ンとざらつく歪み方

をしっかり再現しており、オンリーワンの存在感があります。 TS系ペダルの歪にみられるような低域がスコンと抜ける感じもなく、4発キャビで鳴らすサウンドはとても気持ちがいいです。

ゲイン的にはオールドMarshall意識のペダルにしては相当に歪む方。歪み感の強い50Wを意識しているのでしょうか、1世代後のJCM800に肉薄するディストーション程度にまで歪み、単純にペダルのゲインを落とすだけでは「クリーントーン」は出ません。それでもギターボリュームを落とせばオールドのクランチサウンド。メタルパネルのMarshallとはそういうものです。

オールドMarshallに純粋な「クリーントーン」を出させるにはギターのボリュームを絞る必要がありますが、本機ではそれを相当なクオリティで再現しています。


BlackBerry JAMという工房の理念として「アンプライク=実際のアンプと同じ操作性と弾き心地の再現」というものがあるそうで、本機はまさにこの感覚、GreenbackやBlackBackスピーカ4発のキャビで鳴らせば完全に1987実機の感覚。

とにかく反応速度が速く、ペダル歪の粘っこい感じがありません。

ギターボリュームを少し絞ったクランチが……ジャズコでも死ぬほど気持ちいいのです。JVMやJCMのCrunchチャンネルはともかく、JCM900等よりも気持ちいい。そこに良質なオーバードライブなどでゲインを突っ込むと、、、。

逆に近年のマーシャル1960等ハイのきついスピーカーを積んだ大型キャビだと、ゲイン高めのサウンドには向きますがこのクランチが出ないんですね。

スポンサーリンク

サウンドのバリエーション

本機の肝となるPRESENCEコントロールは、実機のものと同様上げることで「Marshallらしいハリ感」を引き出します。ここをどう調整しても「1987の音」を維持し続けるのが「お、わかってらっしゃる」と思わせる点です。

一方でEQの効きも幅広く、所謂TS系ブースター的なミッドレンジメインのサウンドからMarshallプリアンプのブライトなサウンドまで変化。どんなアンプのクリーンにも合わせられますし、ブースターとして使用しても大変伸びのあるサウンドが得られます。

Van Halenが歪まないMarshallの前段に別のMarshallを繋いで「オーバードライブ・アンプ」としていたのは有名ですよね。それと同様の事もできるわけです。

対ジャズコーラス用メイン歪ぺダル

私の持っている中でのメイン歪ペダルである本機は、リハスタなどでの合わせの際にも使います。

JC-120の(mono)リターンにダイレクトで繋ぐ場合のセッティングは、私の場合

Volumeはかなり絞る(ボーカルやほかの楽器との兼ね合いで調節)
Gainは11:30~12:00
PRESENCEは最大
TREBLEも最大か最大わずかに絞り
BASSは12時

としています。それの前にブースターとして自作のFuzz Face(Analogman SunFaceベースの改造品)、空間系にTC-Electronic G-Systemを使うのがメインのライブ用セッティングです。

リハーサルのみならず本番ライブでもアンプとキャビを持ち込まない場合はCacaoとジャズコでライブしています。

これでギターのトーンをボリュームを6付近にまで絞ることで、太さと抜けとハイのぶっ飛びを併せ持ちながらベースやボーカルを邪魔しない極上バッキングサウンドが得られますし、リードの際にはボリュームでゲインを上げ、トーンを上げてエッジを加えます。

(このセッティングは、1957年製Les Paul SpecialとオリジナルのP90/Bamble Beeキャパシタでのセッティングですので、適宜お手持ちの機材でアレンジは必要だと思います。。)

常設の、ヘタって抜けの悪いMarshallを使う相方が嫉妬するような、エゲツナイサウンドですよ^^

スポンサーリンク
おすすめの記事