CanonのシネマカメララインナップCinema EOSシリーズのフラッグシップ、C500 Mk.Ⅱが発売されましたが、今度はよりライトな機種が噂されています。

EOS Rで動画制作をするプロダクションに、さらなる選択肢を提示した形です。

50万円台という価格帯、ターゲット層的に競合しそうなのは、

100万円以下の低予算なプロジェクト。

やはりSONY α7sシリーズでしょうか。

ちなみに、α7SⅢと比べると……

  • センサーサイズによる被写界深度の違い
  • 粘りのあるシャドウ表現
  • ワンオペでも扱える操作性

SONY側のシネマカメラであるFSシリーズやFX9とCinema EOSを比べると、操作性や総合的な実力はSONYが上手なイメージでしたが、この新機種はどうでしょうか?