【グラボ】4K60p動確済。職業ビデオグラファーのグレーディングPC【Davinci】

私は、映像のカット編集からグレーディング、書き出しまで全てDavinci Resolveで行っています。

筆者
一つのソフト上で作業したほうが管理上のトラブルやミスが少ないですし、なによりDavinciはかなり使いやすい映像制作ソフトウェアです!

Davinciでの映像制作に必要なPCスペック

私のPCスペックはこんな感じ。

  • CPU – i7-7700
  • RAM – 16GB
  • GPU – GTX1080

2018年に購入したマウス製のゲーミングタワーで、メモリのみ8GBから16GBへ換装しています。

もともとはAvid ProToolsで音楽を制作するために購入したモデルなので、グラボに関しては特にこだわっていませんでした。

α7RⅢを使った4K – Log収録で映像制作していた際はこれでも問題ありませんでしたが、Blackmagic RAW & DCI4K制作を行うようになって

  • エラー落ち
  • 書き出しの失敗

が頻発するようになりました。

BlackmagicによるVookの記事によると、DavinciはGPU性能に大きく依存するそうです。

GTX 1080からGeForce RTX 2070 SUPERへ

そこで、RTX2070 Superへと換装を行ったところ……

筆者
GPU換装の際には「PCI-Eポートの空き」や「電源容量」をしっかり確認してくださいね!

カラーページにて、DCI-4KのBlackmagicRAW 8:1圧縮の60pでもリアルタイム再生できることを確認。

4K60p RAW環境においても、GPUを上位機種に換装した上で、「再生」→「レンダーキャッシュ」から選べる「スマートキャッシュ」機能をオンにしておけば、最適化メディア等を使わなくてもかなり快適に作業できるようになります。

実際に4K60p RAWの動作を確認したスペックはこちら!

Davinciの設定もパフォーマンスに影響するかもしれないので、載せておきます。

  • CPU – i7-7700
  • RAM – DDR4 16GB
  • GPU – RTX 2070SUPER

私は実際にこの構成のPCにてPCC4Kで収録したデータを扱っているので、確実ですよ~!

おわりに

たぶん、Windows機だとこのスペックが価格と実用のバランスがいいのではないかと思います。

これ以上を求めたとしても、時間的 & 空間的ノイズ処理を同時に使用したりすれば、Xeon WとVega 64を積んだiMac Proでも普通に8pくらいにまで重くなります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です