リーズナブルなライカ製35mm!LEICA M-P Typ240とLeica Summaron 35mm/f3.5をレビュー

M Typ240 with ZEISS Distagon 35

これまで50mmのSUMMILUXを使っていて、屋内撮影や屋外でのスナップでは広い画が欲しくなる場面もあり、35mmのCONTAX / ZEISSの35mm/2.8をマウントアダプター経由で着けたりしていました。

Leica M-P + CONTAX Carl Zeiss Distagon 35 2.8 (ƒ/2.8, 1/40, ISO 1600)

LEICA M Typ240とZEISSレンズの描写はとても美しかったのですが、距離計と連動しないのでレンジファインダー機としての楽しさは少なく、SUMMILUXに劣らない描写力を持つ35mmを探していました。

SUMMICRON 35mm?

ライカ用広角レンズといえば、泣く子も黙るSUMMICRON 35 f2が浮かびますが、私の使い方として35mmを開けて使うことはあまりありません。

実際Distagon 35を持ち出すときにも、普段はSUMMILUX 50を着けておき、一時間に一度ほど広く撮りたくなったら換える程度の使い方。しかも、大抵5.6くらいに絞って。

ろくに使わないf2.8以上のために20万近く追加する気にもなれず。

かといって、サードパーティのレンズではやはりライカの気迫が感じられず。見た目に笑

SUMMARON 35mm

SUMMICRONからは一段暗いものの、その分コンパクトで安価なSUMMARONは、とてもいい選択肢だと感じました。

SUMMARONには、私が今回手に入れたf3.5のバージョンやf2.8のバージョン、メガネ付きバージョン、Lマウント等いくつかバリエーションがあります。

(これについて、サンライズカメラさんがとても詳しく解説してくださっています。

f3.5とf2.8の間には一段分の差もなく、屋内でもZeiss Distagonで撮れる場面ではほとんど同じように使えるだろう!という考えでSUMMARON 35mm f3.5に決定。

外観

クラシカルな外観がクールです!

M3なんかのメカメカしい機種と組み合わせて使えば、もっとクラシカルになりそう(笑)

ピントレバーの無限遠位置にはストッパー。

移動中などにピント≒距離計機構に無駄な力を加えないため、、といった理由はあるようですが、単純に格好いいですよね!

無限遠位置に「カチッ」とハマる工作の精度も高く、僅かなズレもありません。

アイリスリングはとても滑らかで、スイっと流れていき、ピントリングも引っかかりなく。

実写ギャラリー

同郷のカメラマン氏を撮ってみました。

Leica M typ 240 + Leica Summaron 35mm/f3.5 (ƒ/4, 1/50, ISO 1600)

うう、なんと階調の豊かな画なんでしょう……

M Typ240のフィルムの如く濃密な画作りと、デジタルセンサーの解像度、レンズの描写力とが見事に組み合わさっています!

また、35mmでありながらも空気感を感じられるボケ感。

「ボケ」というよりは、ピント面から離れるほどにシネレンズのような「空気感・奥行き感」といった印象

それでいて、ピント面は極めてシャープ。α7用G-MASTERやSIGMA Art等と比べても全く見劣りしません。

むしろ、顕微鏡で覗くようないやらしさがなく自然で、こちらの方が凄いのでは?

周辺減光は評判通り強いですが、私的にはウエルカム。

風景など気になる場面ではLightroom等で補正してやれば良いでしょう。

屋外でのスナップ的実写レビュー

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です