【MacbookAir 2020】M1プロセッサ導入!早速制作で使ってみたよ【RAW現像とDTM編】

2020年発売のApple M1 Mac。

13万円ほどで買える、吊るしモデルのMacbook Airですら、20万円を超えるIntel製i7のMacbook Proよりパワーがある……!?という、未来を感じるモデルです。

しかし、システムの根幹であるCPUが異なるM1 Macの販売は2020年に始まったばかり。

ソフトウェアの開発元も、手探りで対応をしている段階です。

Capture 1は使用可能

私は、LEICA Typ240やα7R、GX7 mk.2などで撮影した写真のほとんどを「Capture One」を使用して使用しRAW現像しています。

多くの日本人フォトグラファーはAdobe社のLightroom、国産ソフトのSilkypixを使っていると思いますが、私はこのCapture Oneに搭載されている

スキントーン・コントロール

機能が好きで、よく使っています。

RAW現像ソフトなのに、Photoshop的なブラシ式でのマスク処理ができてしまうのも便利です。

そんなCapture Oneは、「Capture One 21 (14.2.0)」以降のバージョンでM1チップに対応をアナウンスしており、実際でも使用が可能でした。

アクティビティモニタでも「Apple」で動作していることが確認できます。

使用感はというと、おおよそ5900×3400サイズのDNGデータを処理してみたところ、カラーホイールを使っていてもほぼリアルタイムに色が変わっていき、もたつきや処理の遅れは感じませんでした。

本体が熱くなったりする事もなく、力不足感は全くありません。

Macbook Airとしての軽さを持ちながらも、Rec709(sRGB)を超えたP3色域を表示できますし、フォトグラファーのメインPCとして使える性能だと思います!


ちなみに、今ではiPhoneやSONY XPERIAをはじめ大多数のスマホが「広色域画像」の表示に対応しています。

この現状を知らずに「AdobeRGBを表示できる機種はほとんどないから、デジカメのメニューではとりあえずsRGBを選択しておけ」なんて言っている方は考えが古いかもですよ……!

M1 Macbook Airは、余裕のパワーに加えて広色域なP3規格を表示できるモニターを標準で搭載しています。

正確な色を表示できるモニターは安くても6万円ほどの出費になるので、今あるモニターを買い替えるより、PCパワーとディスプレイを一気にアップグレードできるM1 Macを購入するのも手ですね。

Apollo x6とProToolsは使えました

動作環境が大切と言われるDTMソフトウェアは動くのでしょうか?

結論から言うと、こちらも使えます!

種類が「Intel」になっていることからわかる通り、テスト時点でのProTools最新バージョンである「2021.3.1」においてもM1 Macはネイティブサポートされていません。

と言うことで、Intel CPU用ソフトをM1 Macで動作させる「Rosetta 2」を介しての対応です。


テストした環境は以下の通り。

  • Apple Macbook Air 2020(M1) 8GB RAM/512GB SSD
  • UA Apollo x6
  • メインDAW Avid ProTools 2021.3.1
  • YAMAHA MSP3ペア

2020年のApple M1 Macを核に、OWC Thunderbolt HubでUA Apollo x6を接続。

本体のSSDは512GBなので、サンディスク製外付けSSD Extreme 1TBにセッションデータを保存しています。 

インストールしたプラグインは以下。

どれもメインに使っているプラグイン達です。

  • UAD-2
  • Waves V9〜V12
  • Ik Multimedia T-RackS 5
  • Brainworx Bx_Consoleシリーズ
  • Native Instruments KONTAKT5

iZotope Ozone 8 AdvancedとNuetron 2 Advancedもダウンロードしようとしたのですが、そもそもMac OS Big Surに対応していない様でうまくインストールされませんでした。

MI社のサポートページには

Ozone 8は「レガシー製品」

iZotope製品:macOS 11 Big SurそしてARMチップ搭載のMacの互換性について ( 2021.6現在 )

と記載されていますので、おそらくは今後の対応もないかも。

大人しく最新版を買ってくれという話です。機能強化も凄いし仕方がありません笑

ちなみに、有償で購入したWavesプラグインが一つでもあれば、以下の製品を利用してOzone 9とNeutron 3、Nectar 3バンドルを2万円でGETできますよ。

サウンドハウス / Tonal balance Bundle Crossgrade from 有償Waves製品

この手法を使って、最安値でWavesプラグインとiZotope製品を入手可能になってます!

使用感

Universal-Audio、Waves……

いずれもメーカーアナウンスはされていないソフト/プラグイン。96kHz/32bit浮動小数点動作ですが、クラッシュなどなど起こる事もなく使えています。

フリーズはもちろん動きがもっさりするといった印象も皆無

それよりも、メモリ不足の警告の方が気になります笑

DDR4とはいえ8GBのメモリに、オーディオトラックを大量展開するDAWは荷が重いのかもしれませんね。

実際のパフォーマンス

試しに、どれだけのプラグインを同時使用できるか試してみました。

コメント