「認識するのに映らない」原因はコレだ!M1 MACで外部ディスプレイ接続【USB-CからHDMI変換】

現在メインに据えている、「Macbook Air 2020 M1」。

13.3インチのRetinaディスプレイですが、Webページを見ながら記事を執筆する際などには画面が狭く感じます。

そこで、ちょっと古いながら数年前まで実用していたミツビシ製のディスプレイ「RDT222WLM-A」をサブモニタとして活用しようと、MacLabの「USB Type-C→HDMI変換ケーブル」を購入しました。

接続してから正常動作させるまでに一悶着あったので、記録を残しておきます。結論は、

「Macと外部ディスプレイの解像度を合わせないと正常動作しない」です。

映らないンです

  • MacBookのUSB-Cポートと、外部ディスプレイのHDMIを普通に接続してみると、外部ディスプレイは真っ暗のまま。
  • PCの再起動やケーブル抜き差しを試してみますが、映像が出ません。

ケーブルのエラーかと思い、Windows機で使っている「EIZO Flexscan EV2456」とMacBookを繋いでみると一発で映像が出ました。

ケーブルエラーではなかった

他のディスプレイで映るということは、「Mac→ケーブル」には問題ないということになります。

おやおやと思いながら、ディスプレイの入力を切り替えている際に気がつきました。

「HDMIケーブルを挿すとディスプレイの電源が入る。すなわち信号は入力できてる」

ということ。その証拠に、Macの「システム環境設定」→「ディスプレイ」ではディスプレイが2枚表示されてます。

そして、この「ディスプレイ」設定画面で「option」キーを押すことで現れる「ウインドウを集める」ボタンを押すと、接続した外部ディスプレイの設定がMacBookのディスプレイに表示されました。


これで原因がわかりました。

HDMI信号は、「送りと受けのデバイス間で解像度設定が異なると、その信号を無視する」という特性があります。よって、Macと外部ディスプレイの解像度設定を合わせてやれば外部ディスプレイが映りました。

実際の操作手順

「システム環境設定」→「ディスプレイ」に進み、

  • 内蔵Retinaディスプレイ
  • 外部ディスプレイ(今回の例ではRDT222WLM)

二つのディスプレイ解像度を変更して合わせます。

内蔵Retinaディスプレイ設定画面内「文字を拡大—デフォルト、スペースを拡大」のアイコンにマウスを乗せると「擬似解像度」が表示されるので、それを外部ディスプレイの解像度と合致させることで解決するはずです。

本来は各々のディスプレイに各々の設定画面が現れますが、今回のようにいずれかのディスプレイが正常表示できていない場合には、

「ディスプレイ」設定画面で「option」キーを押すことで現れる「ウインドウを集める」ボタンでMacBookディスプレイに全ての設定画面を集めて設定してやってください。

今回使ったRDT222WLMでは、MacBookと合致する解像度が「1680×1050」しかありませんでした。外部ディスプレイの設定画面で、解像度の選択肢が少ない場合は「option」キーを押しながら変更ボタンを押すと選択肢が増える場合があるので試してみてください。

ディスプレイの解像度は1920×1080のため、若干ですが表示が甘くなります。

とはいえ、自分から1mほど離れたところに置いておけばほとんど気になりませんし、それよりも作業範囲が2倍になったことの方がメリットとして大きいです。

やっぱり自宅では2画面がいい笑

MacBookのRetinaディスプレイは細部まで見やすく良いディスプレイですが、ノートパソコン故に作業範囲は小さいです。

そんな弱点を解消できるデュアルディスプレイは、一度体感するとやめられません。

クリエイター向けの最新の4Kモニタでも5万円ほどで購入できますが、そこまでの表示性能は必要ないという方も多いかと思います。

そんなとき、HDMI入力が入る古いモニタをお持ちの方はぜひ2画面をお試しください!

コメント