U87AiとRode NT1、SM58やMXL V67を比較してみた
スポンサーリンク

マイクといえばピンキリです。それは事実。しかし実際のところ、何十万円のプロ用マイクと数万円のなんちゃってマイクとの間には何があるのか?

スポンサーリンク

Neumann U87Ai

プロフェッショナルなレコーディングで業界標準、雑誌などでも新発売のマイクのレビューでは「U87Aiと比べて~」という表現がよく使われます。             

定価でおよそ30万円程。どんなものをどんな素人が録ろうが、このマイクで下手に録ることはできない、というくらいに扱いやすいマイクです。

http://recordinghacks.com/microphones/Neumann/U-87-Aiより

現在みかける「U87 Ai」は1967年から1986年にかけて製造されたU87iというマイクの現行リイシュー品です。ビンテージものと比べやや感度が上がっており、S/N比が改善されています。

Avantone CV12

AKG社が1953年から1963年までの10年間に数千本のみ製造し、Ocean Way Recordingをはじめとした数少ない超名門スタジオにのみ現存する伝説的なマイク、「C12」のいわゆるコピー品。

U47/67といったNeumann社製ビンテージマイクの強烈なミッドと比べると、全体域が素直に伸びたフラット目のサウンド。特に67とは比べ物にならないほど高域特性にも優れ、海外では「女性ボーカルには最強」との評価も多くみられます。

本機もその特徴を踏襲し、音質面はもちろん、6072/12AY7真空管をマイクに内蔵する点、無指向性から単一指向性を経て双指向性へと至る指向性選択も備える点も同様です。

日本代理店はなく、Amazonでのみ購入可能。8万円ほど。
スポンサーリンク

Rode NT1

価格では考えられない性能と話題をさらったRode社NTシリーズ。

現在ではNT-1A、NT-2Aという後継機も出ていますが、今回用意したのはNT1。

1997年に初代NT1がリリース、のちのNT1-Aの大ヒットを受け、黒いNT1が再発売されて今に至ります。

Rode NT1とNT1-Aとの違いとしては、NT1無印(上)が

  • 30Hz~4kHzの間の周波数を非常に忠実に捉えるフラット志向

なのに対し、

  • NT1-Aでは12kHz付近で2.5dBのピーク、 100Hzから250Hzに1dBの変化。

すなわち、「NT1は原音に忠実に、NT1-Aのほうがやや明るく/抜けがよく録る」

上がNT1無印、下がNT-1Aの周波数特性。

Rodeというと、それこそNTシリーズの様に安価なマイクのメーカーというイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、プロの愛用者も多い、実力のあるマイクメーカーです。

Adele-Rolling in the Deep。AdeleのリードボーカルはすべてRode製Classic IIにて収録された。ちなみにヘッドはUniversal-Audio 610。

改造BM800(Shinさん’s MOD)

ネットで話題をさらった、

Amazonの超激安コンデンサマイクが高級機に変身する改造

に乗っかって作った改造ものです。詳細につきましては、上記Shinさんのページをご参照ください。

今回も、数千円+数十円で改造したマイクが数十万円のマイクと互角以上に勝負しており、驚嘆の極み……。

MXL V67 Heritage Edition

サウンドハウスさんで1万3千円ほどで売っているコンデンサマイクです。

名前からはコンデンサマイクの帝王、真空管Neumann U67を連想しますが、傾向としてはそれよりもC12の高音まですっと伸びる感じが近いです。

コンデンサに求められる高音質を備えていることには間違いありませんが、出音として10kHzあたりの超高音がかなり強く、

「コンデンサは高域」

という初心者にありがちな思い込みをまさに体現した特性をしてます。

ボーカルにオンマイクで使うにはいささか音がブライト過ぎ、声が高域に寄った結果「太さのない」サウンドになりがち。その点を見越して処理を加えるか、オフマイク気味で使うことを推奨。

http://recordinghacks.com/microphones/MXL/V67Gより
スポンサーリンク
おすすめの記事