SIGMA 18-35mm、LEICA SUMMILUX 50 異なる性格の極致を堪能する
スポンサーリンク

SIGMAは、解像力とナチュラルさ。

X6iとSIGMA

LEICAは、肉眼に匹敵する階調表現と、ボケから来る立体感。

LEICA M240とLEICA SUMMILUX

性格の異なる美しさを見ていきたい。

@福井県勝山市 平泉寺白山神社

この空気が好きだ。

御朱印やおみくじ、案内板といった要素は最低限。鳥居から三之宮まで、1000m近い奥行きのある境内には静謐な気配が漂う。「平泉寺」の名がつくが、ここは神社である。

717年。泰澄が白山登頂をした際、池より九頭竜王(十一面観音の垂迹)が現れ、自らを伊弉冉尊の化身、妙理大菩薩、白山明神と名乗った。白山神社の名の通り、この地は白山信仰の拠点の1つ

(https://japanmystery.com/fukui/heisenji.htmlより一部抜粋)

SIGMA 18-35mmは、ASP-Cセンサー用というカテゴリにおいて史上最強のレンズだ。28-50mmという焦点領域ではあるが、最短撮影距離が非常に短いことにより、広角からほぼマクロの域までカバーできる。

影の多いこの場所でも、開放f1.8でISOの上昇を抑えられる。EOS Kiss X6iはいまや10年選手であるが、ベースISO+RAW撮影であれば現代のカメラと遜色なく、AF性能も必要十分だ。

(ただしライブビュー撮影時に限っては、AFが致命的に迷い続けるので注意)

SIGMA

ここは、苔が有名だ。

境内のあらゆるところに苔が生え、木々が頭上に広がる。もちろん、社も堂も木製。

しかし、奥地に建つ苔むした神社という言葉がイメージさせる暗い雰囲気はない。例えるならばLive imageのような、青々しい緑に満ちた世界。

LEICAは、ただただ美しい。

LEICA Mは中央重点測光に設定して、露出補正-1を入れた。絞りは2〜2.8近辺かと思う。開放f1.4のSUMMILUXは、この種の薄暗い環境には最適な明るさだ。

RAWを現像する際には、画像ファイルを開くたびに驚かされた。

LEICA

この地には何かがある。

霊感などというものは自覚したことがない。しかし、平泉寺を訪れるたびに気配を感じるのだ。悪意もなく、好意もない、ただそこに在るだけの何か。歓迎もせず、拒みもしていない。言うならば超然とした気配。

感受性の強い友人が訪れた際には、道中の記憶が欠落したり、立ち止まったまま進めなくなったりしたという。

そこに在るのは木々か、苔か、はたまた白山の神か。

スポンサーリンク
動画撮影、グレーディングと音楽MIXサービス

オリジナル楽曲のサウンドメイクとカラーグレーディング

当ブログを運営する「TrashmasterStudios.com」は、

サウンドとビジュアル制作をマルチに手掛ける制作スタジオです。

Avid ProToolsとUniversal-Audio UAD-2、Softube Console 1を核としたデジタル環境と、

RupertNeveDesignes SHELFORD CHANNEL、Avantone CV-12をはじめとしたアナログ機器を保有。

制作実績の一例

https://mus1clab.com/mix-movie-201102

料金の一例

ボーカル楽器Mix - 1トラック 楽曲Mix -複数トラックMix 映像カラコレ - グレーディング
5,000円~ 10,000円~ 10,000円~
既存のカラオケ音源とボーカルトラックや楽器トラックをMix。宅録やスマホ等で簡易にレコーディングされた音源にも対応可能。 バンドの音源制作など。CD用やコンペ用など目標に合わせたMix処理を行う。マスタリングにも対応。 色味を整え、深みを加える。テレビCMやプロモーションビデオ、映画の様な仕上がりに。

おすすめの記事