持ち出し荷物問題

カメラマンは現場仕事、三脚やレンズバック等の機材もありますから、持っていく私物は最低限にしたい。

  • 財布
  • カラーチェッカーパスポート
  • メモ帳(立ったままメモる為ロディアを愛用)
  • 名刺入れ
  • スマホ

だけを持っていきたい。  

これまでは、NewEraのミニポーチに私物を突っ込み、それをさらにRYKERのカメラバッグの中に入れ、RYKERごと持っていくか、ポーチだけを持っていくかを使い分けていました。

使い勝手は悪くないのですが、なんとなく嵩張るなあという感覚は残っており、機能を削らずに軽量化できる方法を探していました。

たどり着いたのは、トラベラーズノートを財布や名刺入れとして使う方法。これがとても秀逸で……

外出の際にトラベラーズノートとスマホだけをジーンズのポケットに突っ込めば、ほかには何も要らなくなりました。

トラベラーズノート

トラベラーズノートは、ライトな日記として&コード進行のリハモや映像のカット割を考える際の備忘録としてレギュラーサイズを既に使っていました。

スケジュール管理などはGoogleカレンダー等のほうが便利ですが、こういった内容のメモは図や絵を書きイメージビジュアル化してなんぼなので、スマホのテキストメモよりも手書きのほうが便利。

そんなわけで、その存在自体は知っていたトラベラーズノート。書き心地や書ける量が優秀なので、これを仕事用のメモとして使おうとしたこともありましたが、、財布やロディアのメモ帳と比べて一回り以上大きなサイズ。

常に持ち歩く事は断念していました。

パスポートサイズの機動力!

しかし!パスポートサイズならば、

  • ジーンズの前ポケットに入り、常に携帯できるサイズ感でありながら……
  • ジッパーリフィルに紙幣と硬貨、最低限のカード類だけを入れれば財布に。
  • 同じく名刺も入る。
  • メモも取れる。
  • 良質な質感と耐久性。

……全て揃ってる、、じゃないですか……⁉

購入したもの

トラベラーズノートパスポート

プライベートからオフィシャル、自宅の寝室から官公庁までどんな場面でも取り出せるように、カラーは黒をチョイス。無地のメモ用紙が付属しています。

専用リフィル「ジッパーケース」

メモ帳から財布名刺入れへのクラスチェンジに必要なキーアイテム。

これを持つだけで外出出来るように、

  • クレジットカード2枚(楽天とJAL)
  • 運転免許証と保険証
  • ポイントカード2枚(TとPonta)

を入れました。

万が一ジーンズから脱落したり出先に置き忘れたりしたらいろいろと致命的なのですが(笑)、外から見えない程すっぽりとポケットに入るので不安はありません。

ジッパー部分には、紙幣2千円と小銭、名刺を常駐。

現金は、キャッシュレス非対応の店舗でのお昼代。ポイントカード機能はスマホに集約しているものの、お守り程度に入れています。しばらく様子を見て、機会が少ないようであれば財布に戻すかも。

名刺入れは、本来であれば常に携帯しておくべきだとは思いますが、、我々技術屋はあくまでもスタッフ。毎度毎度名刺をいただくわけではないので、この使い方でも対応できています。

メモ帳(ラフ用)セクション

ミニクリップを利用しロディアを挟んでいます。
収録したメディアの情報を書き込み、混ざらないようにラベル付けする際などに使います。

ほとんど使い捨てみたいなものなので、裏紙の切れ端や付箋でもいいくらいですが……(笑)さすがに味気ないかな?と様子見中。

メモ帳(メイン)セクション

トラベラーズノートパスポートに付属の無地帳。

テレビや映画を見ていて感銘を受けたカット(人とモノの配置やライティングなど)を書いたり、思いついたことを書き留めています。

実際に使った感想

素晴らしいの一言(笑)

財布を持っていないと不安になりますが、実際に仕事で持ち出してみると全く問題なかったです。

もともと食事や手土産の支払いは殆どをキャッシュレス決済にしていましたし、ポイントカードもスマホ。そもそも、ロケ先で弁当をいただく事が多い。

バックアップとして現金を持ち歩くだけなのに、財布いっぱいの紙幣と硬貨、カードは不要でした。 

メモとしての機能ももちろん優秀。
ただし一点、立ったままその場でメモする際に、トラベラーズノートの革の背表紙にロディア程の硬さはなく、書き心地に不安があります。

書けないわけではありませんが、、ポケットシールを貼り、多少嵩張るかもしれませんがロディアをまるごと挟んで対処しようかなと思っています。

今の時点でも当初の目的は達成していますが、まだ成長の余地があるはず!追記していきます!