スポンサーリンク

撮影の仕事では、半日以上野外に居続けることがあります。

この夏、炎天下の中10時間以上屋外撮影をする機会があり、その際にはじめて試したワークマンの「ice assist cool core 長袖ミドルネック(¥1900)」その遮熱・冷感とコンプレッションにたいへん感動。

もともとユニクロのインナーシャツを買っていましたが、一度ワークマンを試して以降、洗車など日常的な屋外作業の際でもワークマンに身を固めるワークマン党になってます。

スポンサーリンク

秋冬向けアウトドアインナーを揃えたい

さて、暑かった日々は少し遠ざかり、2022年も10月。平均気温がグッと下がりました。朝昼の寒暖差が大きくなり、服の選択も難しくなってきたこの頃、私はcool core 長袖ミドルネックをインナーに、ロング丈のTシャツを着ています。

その上に、「ヘビーウエイトプラクティカル トレーナー」や「MOVE ACTIVE WARMフーディー」といった暖かめのアウターを着ていることが多いです。

これによって、風が強い日も暖かく過ごせますし、日差しがあり暑い時にはアウターを脱げばよくて便利です。

MOVE ACTIVE ピーチ起毛クルーネック

さて、そろそろ気温が下がってきたため「冬用のインナー」を調べることにしました。

雪の降る厳冬に入ったら、それ用のインナーを新調しようと思っております。したがって、「10〜12月、アウトドアで寒くない」という利用を想定して選んできましたよ!

ワークマンのスポーツウェア系のラインナップ、Find-Outシリーズの加圧コンプレッション・ウォームウェア「MOVE ACTIVE ピーチ起毛クルーネック」です。

ウォーム力

いざ袖を通すと、上半身や腕から放射される熱を逃さず、断熱してくれる感覚があります。

あったか暖房の効いたお店などでは暑いくらい。

「ピーチ起毛」の名の通り、桃の産毛のような裏地の肌触りは優しく、化学繊維のツルツル感はありません。

私は乾燥肌ですが、摩擦で擦れたりすることもなく自然に着られます。

サイズ感とコンプレッション

身長165〜175cmの一般的な男性は、Mサイズでちょうど良さそう。だぼっとしたTシャツはもちろん、スーツのシャツの下に着ていてもごわつきません。

筋肉の無駄な動きを抑え、パフォーマンスを向上させる加圧コンプレション機能もついていますが、夏に使っていた「cool core 長袖ミドルネック」と比べると上半身の密着が薄いと思います。

腕や肩をサポートしているのは感じますが、部屋着で着ていても違和感がないくらいの圧力。

屋外

加圧が強すぎないため、部屋着として薄いトップスの下に着込んでおくと、暖房を強くせずともぽかぽか暖かく過ごせますよ!

ランニングやワークアウトでも使えますし、

ラグラン袖の採用によって、腕があがりやすく動かしやすいのがいいですね。

気になる点など

クルーネックタイプゆえ、首元が冷たい場面はありそうです。別途襟のついた衣服を組み合わせるなど、対策は必要ですね!

また、2〜3回程度の洗濯ではそんなに変化してませんが、毎日使って洗濯するとなるとどうなるか?気になるところではあります。

780円

スポンサーリンク
動画撮影、グレーディングと音楽MIXサービス

オリジナル楽曲のサウンドメイクとカラーグレーディング

当ブログを運営する「TrashmasterStudios.com」は、

サウンドとビジュアル制作をマルチに手掛ける制作スタジオです。

Avid ProToolsとUniversal-Audio UAD-2、Softube Console 1を核としたデジタル環境と、

RupertNeveDesignes SHELFORD CHANNEL、Avantone CV-12をはじめとしたアナログ機器を保有。

制作実績の一例

https://mus1clab.com/mix-movie-201102

料金の一例

ボーカル楽器Mix - 1トラック 楽曲Mix -複数トラックMix 映像カラコレ - グレーディング
5,000円~ 10,000円~ 10,000円~
既存のカラオケ音源とボーカルトラックや楽器トラックをMix。宅録やスマホ等で簡易にレコーディングされた音源にも対応可能。 バンドの音源制作など。CD用やコンペ用など目標に合わせたMix処理を行う。マスタリングにも対応。 色味を整え、深みを加える。テレビCMやプロモーションビデオ、映画の様な仕上がりに。

おすすめの記事